コンプライアンス

よくあるご質問(Q&A)

どのような職種で派遣できますか?

労働者派遣法では派遣適用除外業務が定められております。よって以下の業務以外において派遣可能となります。

派遣適用除外業務
1.港湾運送業務
  船内荷役、はしけ運送、沿岸荷役、いかだ運送等
2.建設業務
  土木、建築その他工作物の建設、改造、保存、修理、変更、破壊、解体の作業、またはこれらの準備の作業
  (※建設現場事務所内の事務の業務は禁止されていません。)
3.警備業務
4.医療関係の業務
  (※紹介予定派遣、社会福祉施設など一部を除く)
5.士の付く業務
  弁護士、外国法事務弁護士、司法書士、土地家屋調査士、公認会計士、税理士、弁理士、社会保険労務士、行政書士の業務

派遣できる期間に制限はありますか?

労働者派遣法では、派遣契約の期間は、原則3年間となります。但し、無期間は例外となります。

1.労働者派遣の受入期間の制限のない業務
  育児休業等労働者の代替業務
  介護等休業労働者の代替業務
  1ヶ月のうち業務日数が10日以下の業務
2.労働者派遣の受入期間が最長3年間の業務
  「1」を除いたその他の業務(物の製造業務も含む)

労災の補償責任は誰にありますか?

派遣社員と雇用関係にある派遣元で、労働者災害補償保険に加入しておりますので、万が一事故が発生しても派遣元で責任をもって処理いたします。

派遣社員の履歴書を事前に提出してもらえますか?

労働者派遣法上は、履歴書を派遣先へ提出してはならない規定になっています。履歴書を提出することは雇用関係があることを前提としており、派遣関係では派遣先と派遣社員との間の関係は役務の提供にとどまり、雇用関係はないためこのように規定されております。当社では派遣社員の略歴をスキルシートで通知します。

派遣社員を面接できますか?

面接を行ったり、採用・配置することについては、雇用関係のある派遣会社が行なうことになります。
ただし、紹介予定派遣に関しては、派遣先による面接や履歴書の送付が可能です。

派遣社員を途中交代させることはできますか?

派遣社員の責に帰すべき事由により職務の遂行ができない場合などは、交代をさせて頂きます。その際は派遣会社(当社)と協議の上、実施させて頂きます。

派遣とアウトソーシングの違いはなんですか?

「派遣」は自己の雇用する労働者を当該雇用関係の下に、かつ、他人指揮命令を受けて、当該他人のために労働に従事させる(派遣法第2条)と定義しています。
「アウトソーシング」は労働の結果としての仕事の完成を目的とするもの(民法第632条)です。派遣との違いは、アウトソーシングの場合には注文主と労働者との間に指揮命令関係を生じないという点にあります。 正しいアウトソーシングのしくみ

二重派遣とはなんですか?

「労働者派遣法で認められている労働者派遣とは、“自社で雇用する労働者”を派遣することであり、他の会社で雇用されている労働者を派遣することは認められていません。
他の会社から派遣された労働者を、更に他の会社(子会社、取引先等)の指揮命令下で労働させた場合は、「二重派遣」として職業安定法違反(=違法な労働者供給)となり、罰金刑が科されます。

二重派遣の代表例
お問い合わせはこちらまで
株式会社 エイビス 本社 〒460-0008
名古屋市中区栄二丁目3番6号 NBF名古屋広小路ビル5F
TEL:<052>205‐0125 FAX:<052>205‐0126
お問い合わせフォームへ 地図を見る