コンプライアンス

TEL:<052>205‐0125 FAX:<052>205‐0126
お問い合わせフォームへ 地図を見る

コンプライアンス・セミナー

■ 適法な請負・派遣の推進

エイビスでは、外部人材をご活用されている、もしくはご活用を考えている企業様に対して、当社とお取引のあるなしにかかわらず、『コンプライアンス・セミナー』と題した適法な派遣または請負に関する無料セミナーを企業様からのご希望に応じて適宜実施しております。
世の中には、まだまだ派遣と請負の相違点について正しく認識されていない、もしくは正しく運用されていないケースが多く存在しています。その一例として、偽装請負や二重派遣、禁止業務への派遣等、様々な問題で多くの人材会社や企業が摘発され、社会問題に発展しています。
当社エイビスは、そのような問題全般を解消するお手伝いをさせていただけたら…という思いから当セミナーを開講いたしましたので、偽装請負のみならず、人材会社ご利用に伴なう様々な問題を取り上げ、疑問についてお答え致します。

■ 正しい派遣のしくみ

派遣先企業様と派遣会社、派遣労働者との関係は、以下の通りとなります。

■ 正しいアウトソーシングのしくみ

アウトソーシングの場合の関係は、以下の通りとなります。

図:正しい派遣のしくみ

図:正しいアウトソーシングのしくみ

■ 偽装請負とは?

偽装請負とひとくちに言っても形態は様々です。
それでは、いったいどのようなことが問題となっているのか、少しだけご紹介させていただきます。
偽装請負とは、企業が人材会社から労働者の派遣を受けているのにも関わらず、契約上は「アウトソーシング」と偽り、労働者の使用に際して発生する使用者責任や労働安全上の義務を免れようとする行為をいいます。
派遣による契約の際は企業側にも労働者に対し業務方法の指示、労働時間の管理等の必要が発生します。それに対し、請負の場合は労働者の管理は人材会社に一任することとなり、企業側には何も発生しません。しかしながら、業務上の指揮命令を企業側が行う一連の流れは偽装請負になります。

■ 偽装請負の代表例

請負としながらも、企業側が業務の指示を労働者に出したり、勤務時間の管理を行う事。偽装請負において多く見られるケース。

■ 二重派遣の代表例

例えば、派遣元X社からY社に派遣され、Y社の指揮命令者の指示で働いているとします。しばらくして、Y社の上司から関連会社のZ社へ出勤して働くように指示があった場合、これを二重派遣といいます。
派遣とは自社で雇用している社員を別の会社で働かせることをいいます。下記の例のような場合、Y社はあくまで派遣先であって、雇用契約を結んでいるわけではないため、派遣法違反となります。

図:偽装請負の代表例

図:二重派遣の代表例

適法な請負の推進

■ コンプライアンス経営の切り札「計画的請負」

計画的請負とは、最初は製造派遣から入り、コンプライアンスに徹した現場を目指し、1〜3年後には請負に切り替えることをいいます。
派遣の期間を2つに分け、前半の期間を派遣先の責任者から直接指導を受け、働く人達はその現場の風土やスキルを基本から学び、後半の期間で労務管理と事業経営の独立性を持つシステムを作り、請負へとシフトさせます。技術レベルや作業工程ごとの認識などを一致させ、できるだけバラつきを少なくさせる訓練期間を設け、計画的請負の準備を進めます。
当社と企業様双方の代表者で構成されたプロジェクトチームによる定期ミーティングを実施して、計画的請負に向けた組織作り、社員教育、業務管理等、様々な取り組みをお互いの協力体制のもと実践し、コンプライアンス経営へと導きます。